がんサポート
HOME > バックナンバー検索
お問い合わせ
バックナンバー検索 
 ■2015年10月号 内容
目次を見る
表紙イメージ
抗がん薬・副作用対策&肝胆膵がん特集
  1 期待されるこれからのがん免疫療法
  エビデンスとともに適応拡大へ 免疫チェックポイント阻害薬
  監修北野滋久 国立がん研究センター中央病院先端医療科
  がんの免疫療法というと、「エビデンス(科学的根拠)のない民間療法」と引き気味になってしまう患者さんや医療関係者もいるのではないだろうか。しかし近年、新しい作用機序をもつ免疫療法薬と従来の化学療法薬との比較試験で、免疫療法薬の優位性が証明され、保険適用されるなど様相が変わってきた。最新のがん免疫療法である「免疫チェックポイント阻害薬」とはどのようなものか、専門家に伺った。
  2 がん治療中は歯科医のサポートが重要
  化学療法治療前からの口腔管理で口腔内の合併症を防ぐ
  監修上野尚雄 国立がん研究センター中央病院歯科医長
  化学療法中には副作用で口腔内が乾燥して話しにくくなったり、口腔粘膜がただれて食事がしづらくなることがある。そのため最近では、化学療法を始める前から歯科と協力して口腔ケアを行うことで口腔内のトラブルを予防しようという取り組みが始まっている。また、がん専門病院と全国の開業歯科医との連携も進んでいる。
  3 予防的ケアで皮膚障害を防げるという臨床試験結果も
  分子標的薬の皮膚障害は予防と適切な対応でコントロール可能
  監修植竹宏之 東京医科歯科大学大学院総合外科学分野教授
  相次いで登場している分子標的薬。大きなメリットとして治療効果とともに正常細胞への作用が少ないことによる副作用の軽減があげられるが、分子標的薬ならではの副作用も問題になっている。それは皮疹や手足症候群などの皮膚障害で、中には治療を中断せざるを得ないものまである。その対策は?
  4 空咳、息切れ、発熱が出たらすぐに相談を
  化学療法時の肺障害の頻度は低いが重篤化の危険性も
  監修弦間昭彦 日本医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学分野主任教授
  抗がん薬の投与を受け、肺に障害が起こるケースがある。消化器・消化管や皮膚に比べると発生頻度は低いものの、問題は使用する薬剤によって、命にかかわることがあり得ることだ。早期発見や治療の注意点をレポートする。
  5 必要に応じて抗ウイルス薬の予防投与を
  見逃さないことが重要 化学療法時のB型肝炎の再活性化対策
  監修池田公史 国立がん研究センター東病院肝胆膵内科科長
  抗がん薬治療をきっかけに、肝臓に潜んでいたB型肝炎ウイルスが再活性化してくることがある。適切な治療が行われず、劇症化し、患者さんの中にはがんの治療はうまくいったものの、B型肝炎の再活性化で命を落としたというケースも実際には起きているという。
  6 適切な症例選択で開腹手術と遜色のない治療が
  安全性と根治性を備えた肝胆膵領域の腹腔鏡下手術
  監修本田五郎 がん・感染症センター都立駒込病院肝胆膵外科医長
  胃がんや大腸がんに比べ、普及が遅れている肝胆膵領域の腹腔鏡下手術。腹腔鏡下手術用に開発された新しい手術器具が登場したことで、手術に要する時間は開腹手術に比べて長くなるものの、適切な症例を選ぶことで、安全性や根治性において、開腹手術と遜色ない結果を残せるようになっている。肝胆膵がんにおける腹腔鏡下手術の現状について、専門家に伺った。
  7 手術は肝がん、化学療法は胆管がんの考え方で
  手術ができれば根治も!肝内胆管がんの治療法
  監修齋浦明夫 がん研有明病院消化器外科肝胆膵外科部長
  肝内胆管がんは、肝臓原発のがんの中で肝細胞がんに次いで2番目に多く、肝がん全体の約10%を占める。近年増えつつあるがんだが、手術ができない場合の予後は極めて悪いと言われている。肝内胆管がんの特徴や症状、手術や化学療法などの治療法について専門医に伺った。
  8 切除後は再発もなく過ごせる例も
  腫瘍を小さくし手術につなげる 切除不能局所進行胆道がんの術前化学療法
  監修加藤 厚 千葉大学大学院医学研究院臓器制御外科学講師
  胆道がんは早期発見が難しいため、手術ができない進行がんの状態で見つかる場合が多い。それでも、化学療法でがんを小さくすれば外科切除が可能になるのではと、「術前化学療法」の臨床研究が行われており、その有効性が明らかになってきた。手術ができた結果、生存率が改善したという報告もある。切除不能と診断されても諦めなくていい時代の到来はいつなのか。
  9 GSL療法という新たな治療法も臨床試験中
  治療選択肢が増え、切除不能膵がんは個々に応じた治療の時代へ
  監修伊佐山浩通 東京大学大学院医学系研究科消化器内科学准教授
  ここのところ立て続けに新たな治療薬が登場し、治療選択肢が増えた切除不能の膵がん。一昨年(2013年)にFOLFIRINOX、昨年(2014年)にアブラキサンが保険適用されたことで、切除不能膵がんは次の治療ステージに入った。
 
連載32 凄腕の医療人
婦人科悪性腫瘍 腹腔鏡下手術で根治を目指す
金尾祐之 がん研有明病院婦人科医長
 
連載15 がんのチーム医療・施設訪問
多職種による切れ目のない訪問看護 スタッフ間の密な連絡が鍵
東大宮訪問看護ステーション(埼玉県さいたま市)
 
がん看護専門看護師山田みつぎの 副作用はこうして乗り切ろう!
6 味覚障害
監修山田みつぎ 千葉県がんセンター看護局通院化学療法室看護師長
 
連載118 患者のためのがんの薬事典
代表的な2つの標準治療と動向を紹介 子宮頸がんの化学療法
監修尾松公平 がん研有明病院婦人科
 
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
間違った情報・考え方に対応できる批判的手法を持つことが大切
大場 大さん(東京オンコロジークリニック院長)(前編)
 
私の生きる道
最後まで後悔しないように、前のめりで生きていきたい
2007年に大腸がんを経験した「ザ・ワイルドワンズ」の植田芳暁さん(67歳)
 
がん闘病記 2
「骨外性粘液型軟骨肉腫」を知っていますか 3
田村ひとみさん(主婦・コンビニパート)
 
がん相談
悪性リンパ腫回答者:岡元るみ子・千葉西総合病院外来化学療法センター長/腫瘍内科部長
精巣腫瘍回答者:古賀文隆・都立駒込病院腎泌尿器外科部長
頭頸部がん回答者:林 隆一・国立がん研究センター東病院副院長/頭頸部外科長
 
症状別おすすめ・レシピ
(5)味覚変化のある方の食事
レシピ・料理製作渡邊太一 国立がん研究センター東病院栄養管理室 管理栄養士
 
連載18 わたしの町の在宅クリニック
患者さんが幸せ≠ニ思って過ごせることを大切に
宍戸内科医院
 
患者会レポート
正しい知識は患者自身の力、支えになると信じて講演会を開催
NPO法人BCネットワーク
 
がん哲学外来
今月の言葉「愛はことさら起こすなかれ」
樋野興夫・順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授
 
 
Copyright (c) 株式会社QLife. All Rights Reserved.
がんサポート がんサポート