がんサポート
HOME > バックナンバー検索
お問い合わせ
バックナンバー検索 
 ■2009年7月号 内容
目次を見る
表紙イメージ
特集・消化器がん
1 大腸がんガイドライン解説
  腹腔鏡下鏡手術が普及市、新しい化学療法も登場。進行度にに応じた治療法の選択を
『大腸癌治療ガイドライン』を、今後の展望を踏まえ読み解こう!
  監修固武健二郎 栃木県立がんセンター研究所長
取材・文半沢裕子
  比較的扱いやすく治癒しやすい大腸がん。手術でとれば完治、と思われがちですが、段階別に、より体に負担の少ない治療法が推奨され、また、化学療法の選択肢もぐっと増えてきました。まさに進化を続ける大腸がん治療法。もうすぐ改訂されるガイドラインの展望も含め、栃木県立がんセンター研究所長の固武健二郎さんにうかがいました。
2 進行大腸がんの手術
  直腸がんでは、9割以上で肛門の温存が可能に
手術件数が増加中の進行大腸がんの腹腔鏡手術
  監修奥田準二 大阪医科大学付属病院一般・消化器外科准教授
取材・文塚田真紀子
  進行がんへの保険適用の拡大や学会の認定医制度などを背景に、現在、進行がんを適応とした腹腔鏡手術の件数は増加しています。まだ検討段階ではありますが、術後の生存率についても、腹腔鏡手術は開腹手術と同等と考えられているためです。十分に経験を積んだ専門医が手術を担当すれば、肛門の温存も可能となっています。
3 再発胃がんの治療
  TS‐1+シスプラチン併用療法が進行・再発胃がんの標準治療になる!?
胃がんガイドラインの書き換えを迫る日本発抗がん剤のパワー
  監修今野宗一 流山中央病院外科医師
取材・文町口 充
  胃がんは再発・転移すると有効な抗がん剤がないため、治癒は難しいとされてきた。しかし、TS‐1が登場し、新たに発表された臨床試験の結果は、胃がん治療ガイドラインの書き換えを迫るものであり、再発胃がん治療を大きく前進させるものとなった。胃がんは、たとえ再発しても諦めなくていい時代になってきたのだ。
4 新発想の遺伝子治療
  遺伝子を薬として用いる新発想の「がん遺伝子薬品」はどこまで期待できるか
がん細胞だけで増えて、がん細胞だけを破壊するウイルス製剤「テロメライシン」
  監修藤原俊義 岡山医学部付属病院遺伝子・細胞治療センター准教授
取材「がんサポート」編集部
  テロメライシン。といっても、聞いたことがない人が多いのではなかろうか。知っている人はかなりのがん通といっていいかもしれない。風邪の原因としておなじみのアデノウイルスを改変して作り出した、まったく新しいタイプの治療法だ。感染するとがん細胞の中だけで増殖して、がんを破壊するように設計され、近い将来薬になる予定で進んでいる。
5 再発肝臓がんの治療
  ラジオ波療法、塞栓療法、肝動注等、IVR治療それぞれの選び方、使い方のポイント
打つ手はある!肝臓がんが再発になっても、IVR治療
  監修塩澤俊一 東京女子医科大学東医療センター外科講師
取材・文黒田達明
  再発率が高い肝臓がん。手術で切除するという方法もあるが、再発率の高さを考えると、あまり体への負担が大きい治療は避けたい。そうした時に、治療の選択肢としてあげられるのが体への負担が小さいIVR治療だ。
先端医療の現場
音声と嚥下を残す下咽頭がんのマイクロサージャリー再建手術
取材・文黒田達明
下咽頭がんの手術といえば、これまで、がんを取り除く代わりに、音声と嚥下の機能喪失というのが相場だった。しかし、マイクリサージャリーという武器を駆使することにより、この難問を克服することに成功。すでに2000件以上の手術を行い、成功率は97%という。
患者さんにとって、より効果のある薬を使い、最大の効果を上げる
肺がんは「組織型」によって薬を使い分ける時代へ!!
監修久保田馨 国立がんセンター中央病院肺内科医長
取材・文町口 充
他のがんと異なり、どの組織ががんになったかによって、いくつかのタイプに分けられる肺がん。当然タイプによってがんの性質も違い、治療法も異なってくる。今、その肺がんの組織型によって、どの抗がん剤がより効果を示すのかがわかってきた――。
患者のためのがんの薬事典53
アンプリコアHPV
子宮頸がんの原因であるHPVを調べる検査薬
子宮頸がんは早期に発見できれば、治る可能性が高いのですが、進行して発見されるケースも少なくありません。背景には、子宮がん検診を受ける女性が少ないことがあります。また、子宮頸がんの原因の大半はHPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれるウイルスです。HPVに感染しているかどうかは、簡単な検査で調べることができます。「アンプリコアHPV」は、13種の高リスク型HPVに感染しているかどうかを調べる検査薬です。
診断の名人が伝授する検査画像の見方・読み方
第33回 肺がん(中分化型扁平上皮がん)/胸部エックス線検査&CT検査
CT写真で、がんとの境にある黒い線を見よ!
監修森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
取材・文●黒木 要
患者プロフィール
65歳の男性Bさん。咳がなかなか止まらないので、近くの病院にて診察を受けた。胸部エックス線検査を行ったところ、左の肺の肺門部よりやや頭側に大きな白い影が写り、がんの疑いが強いと指摘された。国立がんセンターを紹介され、再検査を受け、左肺の上葉にがんが発見された
シリーズ13機能温存・機能回復目指して
がんが治った後の患者さんの人生を考えた治療法
子宮体がんの腹腔鏡手術――婦人科がん全般での適用を視野に
監修塩田充 近畿大学医学部産科婦人科教授
取材・文●祢津加奈子 医療ジャーナリスト
婦人科領域では、子宮筋腫などの良性の病気には健康保険で腹腔鏡手術が認められているが、がんに関してはまだ認められていない。これに対して、以前から機能温存に積極的に取り組んできた近畿大学医学部産科婦人科学教室では、まず良性疾患の手術に腹腔鏡を導入。その結果を踏まえ、早期の子宮体がんを対象に腹腔鏡手術を開始した。「まだ研究的治療の段階ですが、がんにおいても腹腔鏡手術のメリットを享受できる人はいるはずと考えています」と教授の塩田充さんは話す。
 
わたしの町の実力病院・クリニック(6)
アーバンクリニック
もとの形の乳房温存実現に傾注
大病院さながらの高い技術を誇る都市型クリニック
今や早期乳がんにおいて、多くの施設で行われるようになった乳房温存術。ただ、温存といっても、いわば“残っている”状態で、鏡に写して左右差がないほどに乳房が温存されているケースは少ない。そうした中、術前の乳房の形を再現しようと、積極的に取り組んでいるクリニックがある。
 
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲストやなせ たかし  漫画家・詩人
膀胱がん、10回の再発を乗り越え、アンパンマンは今日も行く
がんは絶望すると悪くなり、気力が充実すれば克服できる、そう信じています
30年以上にわたって、幼児を中心に日本の子どもたちを魅了し続けているアンパンマン。その原作者である漫画家のやなせたかしさんは、数年前からがんと闘っている。腎盂にできたがんを取り除いた後、すぐに膀胱がんが発見され、10回の再発を度重なる内視鏡手術、そして放射線、BCGの併用療法で乗り切って、90歳になった今も、元気に創作活動を続けている。
 
私の生きる道
2つの稀少難治がんを克服した「開運!なんでも鑑定団」の人気女性鑑定士・安河内眞美さん
取材・文 吉田健城
「あと1年」と言われても諦めなかったから今がある
症例が少なく「難治」とされるタイプのがんは厄介だ。安河内さんはこの稀少難治がんを2度も経験し、見事に克服して現役復帰を果たした。彼女はどのようにこれらのがんと向き合い、困難を乗り越えたのだろうか。
がんと生きる 53
大東和子さん 大東寝具工業株式会社会長・がん患者サロン「うずらプラナス」世話人
取材・文増山育子
会社を守るため、家族を守るために彼女は病気を隠すことを決意した
孤独な女性経営者の闘病生活。支えたのは患者仲間だった
42歳の若さで亡くなった夫のあとを継いで寝具製造会社社長になった大東和子さん。「潰れるよ」との噂に耐え、経営者として無我夢中で走りぬけてきた……。そんな矢先、今度は自分に大腸がんが見つかった。しかし、会社を守るために、誰にも病名を告げられない孤独な闘病生活を送ることに。そんな彼女を救ったのは、同じ悩みを分かち合える患者仲間であった。
 
野崎洋行と牛込紀子の「和のテイストで、免疫アップレシピ」
栄養たっぷりの旬の食材を享受し、免疫力をアップする
今月の料理
大根飯
穴子味噌汁
トマトの豚肉挟み
「現代の日本人は、栄養摂取量は足りていますが、ビタミンなどの栄養素は不足しています」とは分とく山の野崎洋光さん。日本人の食生活は戦後、とても豊かになりました。しかし、欧米化へと変化した私たちの食生活は、3大栄養素(脂質、糖質、たんぱく質)は豊富に摂っている一方、ビタミンなどの栄養素は不足するなど、栄養のバランスは崩れている、といわれています。旬の食材は、新鮮で、ビタミンの含有量など、栄養成分が豊富です。栄養たっぷりの旬の食材を、旬の時期に享受し、免疫力をアップしましょう。
ゴールドリボンウオーキング2009
小児がんの現状について多くの人に知ってもらうために
命を落とす子どもや後遺症で苦しむ子どもが1人でも少なくなるよう願いをこめて
小児がんの現状について多くの人に知ってもらうために 命を落とす子どもや後遺症で苦しむ子どもが1人でも少なくなるよう願いをこめて「小児がん」を取り巻く現状を広く知ってもらうこと、1人でも多く支援の輪を広げることを目指して「ゴールドリボンウオーキング2009」(主催ゴールドリボンウオーキング実行委員会 特別協賛アフラック 協賛企業47社)が4月29日、快晴のもと、東京、日比谷公園で開催された。
連載25・元気が出るチーム医療
横浜市立大学付属病院の挑戦(最終回)
〜チーム医療の最大の恩恵は、テーラーメイド医療の実現〜
小嶋修一・TBS解説室
「乳がん」は急激に進むがんではありません。ですから、患者は、自分に一番合った治療法をじっくりと探す時間があるといえるのではないでしょうか。
「チーム医療」の強みは、多くの専門家がチームを組んで、患者に最も適した治療法を提供しようと、最善を尽くしてくれることでした。医療者側から提示された多くの選択肢の中から、最終的な治療法を選ぶのは、もちろん、患者自身です。こうしてはじめて、患者1人ひとりに最もふさわしい治療、すなわち「個別化医療」「テーラーメイド医療」が実現するのです。
連載16紅珊瑚のブレスレット〜がんになって、考えたこと〜
自分の気持ちが赴くままに
しえのがんルネッサンス
ゲスト青木美保 保健師・翻訳家・We can fight主宰
いい本に出会う
言葉としての力をもつ世界『暗い旅』倉橋由美子 著
古屋美登里(翻訳家)
患者と医者のための医療リテラシー講座
第7回 位置について、ヨーイ、ドン!
文・絵西根英一 メディカルプロデューサー
森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”
(20)ゴロ寝で“ほっ”
 
届け!がん患者たちの声
「もっと知って欲しい」パープルリボンに込めたすい臓がん撲滅の願い
健診で問いかけよう!「私のすい臓は大丈夫でしょうか」
取材・文常蔭純一
がん治療が進化を遂げるなかで、今1つその兆しが見えにくいのがすい臓がんだ。他のがんに比べるとサバイバーも少なく、これまでは患者側からの声が上がることもあまりなかった。そんな中で2006年、日本では数少ないすい臓がん患者支援団体であるNPО法人、パンキャンジャパンが誕生した。
患者会活動レポート
重粒子の会(HIC) (旧 放医研患者友の会) 会長 忍澤善夫
重粒子線治療がもっと普及するように――NPO法人化を目指
同じ治療を受けた仲間と支え合い、そして発信する
 
がん相談
肺がん回答者・坪井正博 神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長
骨軟部肉腫回答者・川井章 国立がんセンター中央病院整形外科医師
乳がん回答者・上野貴史 板橋中央総合病院外科医師
泌尿器がん回答者・島田誠 昭和大学横浜市北部病院泌尿器科教授)
 
コラム&連載
命を食べる季節を味わう
フォト・エッセイ 至福の時間
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
エッセイ 山里より中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記
 
Copyright (c) 株式会社QLife. All Rights Reserved.
がんサポート がんサポート